ジョック速報

2ちゃんねるの萌えニュースをまとめているブログだよん

カテゴリ: NHK

1 :ばーど ★:2020/08/30(日) 10:06:03 ID:QvM44VDU9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/hnNfV1b.jpg https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200829/K10012589761_2008290531_2008290535_01_02.jpg

安倍総理大臣の辞任表明をめぐって、立憲民主党の石垣のりこ参議院議員が、ツイッターに「大事な時に体を壊す癖がある危機管理能力のない人物」などと投稿したことに批判が相次ぎ、その後、石垣氏は、配慮が足りなかったとして謝罪しました。

安倍総理大臣の辞任表明をめぐって、宮城選挙区選出で、立憲民主党の石垣のりこ参議院議員は、みずからのツイッターに、「大事な時に体を壊す癖がある危機管理能力のない人物を総理総裁に担ぎ続けてきた自民党の選任責任は厳しく問われるべきです」と投稿しました。

その後、SNS上には「病気と闘っている人への侮辱だ」などという批判の書き込みが相次ぎました。

これを受けて、枝野代表が、自身のツイッターで、「申し訳ありません。執行部として不適切であるという認識を伝え、しかるべき対応を求めました」と陳謝し、福山幹事長が石垣氏を呼んで注意したということです。

その後、石垣氏は、同じツイッターで「疾病やそのリスクを抱え、仕事をする人々に対する配慮が足りなかったと反省し、おわびします」と謝罪しました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200829/k10012589761000.html
2020年8月29日 0時58分

★12020/08/29(土) 01:45:42.39 [部屋ねこ★]
※前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1598742380/

続きを読む

1 :夜のけいちゃん ★:2020/08/29(土) 22:10:47.05 ID:dD88w7vH9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/O6DD9ZL.jpg https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200829/K10012589761_2008290531_2008290535_01_02.jpg

安倍総理大臣の辞任表明をめぐって、立憲民主党の石垣のりこ参議院議員が、ツイッターに「大事な時に体を壊す癖がある危機管理能力のない人物」などと投稿したことに批判が相次ぎ、その後、石垣氏は、配慮が足りなかったとして謝罪しました。

安倍総理大臣の辞任表明をめぐって、宮城選挙区選出で、立憲民主党の石垣のりこ参議院議員は、みずからのツイッターに、「大事な時に体を壊す癖がある危機管理能力のない人物を総理総裁に担ぎ続けてきた自民党の選任責任は厳しく問われるべきです」と投稿しました。

その後、SNS上には「病気と闘っている人への侮辱だ」などという批判の書き込みが相次ぎました。

これを受けて、枝野代表が、自身のツイッターで、「申し訳ありません。執行部として不適切であるという認識を伝え、しかるべき対応を求めました」と陳謝し、福山幹事長が石垣氏を呼んで注意したということです。

その後、石垣氏は、同じツイッターで「疾病やそのリスクを抱え、仕事をする人々に対する配慮が足りなかったと反省し、おわびします」と謝罪しました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200829/k10012589761000.html
2020年8月29日 0時58分

※前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1598703401/

続きを読む

1 :ばーど ★:2020/08/29(土) 10:00:55 ID:EGhHI8Ic9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/7RJQTqd.jpg https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200829/K10012589761_2008290531_2008290535_01_02.jpg

安倍総理大臣の辞任表明をめぐって、立憲民主党の石垣のりこ参議院議員が、ツイッターに「大事な時に体を壊す癖がある危機管理能力のない人物」などと投稿したことに批判が相次ぎ、その後、石垣氏は、配慮が足りなかったとして謝罪しました。

安倍総理大臣の辞任表明をめぐって、宮城選挙区選出で、立憲民主党の石垣のりこ参議院議員は、みずからのツイッターに、「大事な時に体を壊す癖がある危機管理能力のない人物を総理総裁に担ぎ続けてきた自民党の選任責任は厳しく問われるべきです」と投稿しました。

その後、SNS上には「病気と闘っている人への侮辱だ」などという批判の書き込みが相次ぎました。

これを受けて、枝野代表が、自身のツイッターで、「申し訳ありません。執行部として不適切であるという認識を伝え、しかるべき対応を求めました」と陳謝し、福山幹事長が石垣氏を呼んで注意したということです。

その後、石垣氏は、同じツイッターで「疾病やそのリスクを抱え、仕事をする人々に対する配慮が足りなかったと反省し、おわびします」と謝罪しました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200829/k10012589761000.html
2020年8月29日 0時58分

★12020/08/29(土) 01:45:42.39 [部屋ねこ★]
前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1598660456/

続きを読む

1 :ばーど ★:2020/08/26(水) 22:04:26 ID:n0UrPaWv9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/YBGvaos.jpg NHKは26日、総務省の有識者会議で、受信契約が確認できない家屋の居住者情報を把握する制度の導入を要望した。ガス会社など外部の事業者から取得する想定だ。受信料の徴収コストの削減につなげる狙いがある。

有識者会議のヒアリングで要望した。ドイツでは公共放送が外部から居住者情報を取得できる。英国のように受信設備の設置申告を法律で義務化している国もある。

2020/8/26 21:16 日経新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO63085920W0A820C2EE8000/

続きを読む

1 :蚤の市 ★:2020/07/03(金) 08:00:18 ID:7FpaOURW9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/OEmDfsD.jpg 中国が「香港国家安全維持法」を施行させたことを受けて、自民党は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で延期されている習近平国家主席の国賓としての日本訪問を中止するよう政府に求める方針を固めました。

香港で反政府的な動きを取り締まる「香港国家安全維持法」の施行を受けて、自民党は、中国を非難する決議案をまとめました。

決議案では「法律の施行と同時に大量の逮捕者が出るなど、懸念していた事態が現実のものとなった現在、この状況を傍観することはできず、重大で深刻な憂慮を表明する」としています。

そのうえで政府に対し、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で延期されている、習近平国家主席の国賓としての日本訪問を中止するよう求めています。

さらに、現地の日本人の保護のための適切な対応を行うことや、脱出を希望する香港市民への就労ビザの発給など、必要な支援を検討することも求めています。

自民党は、3日にも決議文を正式に決定し、政府に提出する方針です。

NHK 2020年7月3日 6時25分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200703/k10012493741000.html

続きを読む

1 :雪子姫 ★:2020/01/18(土) 22:09:40.17 ID:e60sjjB+9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/lEiG1Dm.jpg  NHKは4月1日から、放送のネット同時配信と見逃し配信を実現する新サービス「NHKプラス」を開始すると発表した。利用対象者は、NHKの放送受信契約者。追加料金は発生せず、無料で利用可能だ。

 このサービスの開始までには、2019年末、総務省との間で若干の「さや当て」があり、多少の方向修正を経て実現された、という経緯がある。

 NHKプラスは無料で提供されるサービスであるにも関わらず、「NHKはネット利用者全員から料金を徴収しようとしている。NHKプラスはその布石だ」との声も聞かれる。しかし、これは少なくとも現状、まったくの間違いだ。

 なぜサービス開始までに、総務省とNHKの間では「意見の相違」が生まれたのか? また、無料サービスであるNHKプラスがなぜ「NHK・ネット課金の布石」と誤解されるのか? その理由を解説しよう。

 なお、解説する前に、前提条件を提示しておきたい。本記事では、NHKの報道姿勢や放送内容については一切触れない。また、NHKの受信料徴収が時に高圧的・強権的であることも問題ではあるが、今回の件とは直接関係ない。それらは確かにNHKのガバナンスの上で大きな問題ではあるが、今回の「放送とネットの関係」には直接かかわりがない。まず「それはそれ、これはこれ」で議論をしないと理解が進まない。

NHKプラスは「放送の付帯サービス」

 今回の「NHKプラス」は、2019年5月29日に成立した「改正放送法」を根拠として提供されるものだ。NHKプラスには、PCやスマートフォンからアクセスできる。南関東エリア(埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県)の放送が全国からネット経由で視聴可能になる。放送と同時にリアルタイム視聴が可能なほか、放送終了時刻から起算して7日間、番組の「見逃し配信」も提供される。利用料金は無料。

 ただし、あくまで本来は「NHKの受信契約者」向けの付帯サービスで、別途発行するIDによって受信契約者であることの確認が行えない場合、画面には受信契約を促す表示が行われる。これは、テレビにおいてNHKの受信契約が行われていない場合と同じ扱い、と考えていい。

 とはいえ、これもまたテレビと同じく、警告が出ているだけで「まったく見れない」わけではないし、大規模災害発生時などには、そうした情報が消えて全員が視聴可能になる。放送終了時刻から起算して7日間配信する。ネットで視聴可能とはいうものの、あくまで対象はPCとスマートフォン、タブレットなどであり、ネット接続がなされたテレビへの配信は当面行われない。

 NHKはそもそも放送事業者であり、国民から徴収した「受信料収入」によって運営されている。今回のNHKプラスは放送ではなく「ネット配信」ではあるが、建て付けとしては「放送事業の付帯サービス」であるため、無料で行われ、その経費は受信料収入から賄われる。

 受信料は「テレビを持っている世帯単位」で計算されるため、すでにテレビをもっていて、受信料を支払っていれば当然追加料金は発生しないし、受信契約者と生計を同じくする人(一般的には家族)であるならば、追加負担は発生しない。家に何台テレビがあってもNHK受信料に追加料金は発生しないのと同じ考え方である。繰り返すが「放送付帯」のサービスなので、スマホを持っているからといって課金されるわけではない。

 NHKは2008年より、「NHKオンデマンド」というネット配信を提供している。こちらは今回のNHKプラスとは別のサービスであり、NHKプラス開始後もそのまま存続する。NHKオンデマンドはあくまで「過去のNHKのコンテンツを有料で配信する仕組み」であり、NHKの放送事業とは別のものと扱われているためだ。NHKオンデマンドは今後も、受信料収入を使わない独立した事業として存続し、別途、「放送をスマホやPCでも見られる付帯サービス」としてNHKプラスが始まる、という建て付けになる。

 なお、これとは別に、2020年東京オリンピック関連のネット配信が行われることになっているが、こちらについては、まだ詳細は公表されていない。

続きはソースで
https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/d/1/d1ee1_1386_dcf03145a3c0fc81be7e2197866998a0.jpg
https://news.livedoor.com/article/detail/17683100/

続きを読む

1 :首都圏の虎 ★:2020/01/02(木) 13:22:29.91 ID:wOPDg8BC9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/pfXJNd7.jpg 来年早々、新会長が誕生するNHK。「ネット常時同時配信」に“待った”をかけられるなど課題は山積みだが、まず為すべきは受信料の値下げであろう。厳しい取り立てによって収入は大幅増。実に3千億円近くを「内部留保」として貯めこんでいるのだから。

 妻に家計を管理される夫。懐は決して温かくはないのに、毎月毎月、「必要だから!」とそれなりの額の生活費を天引きされる。ホントにそんなに必要なの? 家計簿を見ると、妻は知らぬ間にごちそうばかり食べていたし、高級ジムに通っていたこともわかった。それでもお金は余って結構な額の“へそくり”まであるじゃないか……。思い余って支払いを拒否すると、無理やり財布を奪われた……。

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/7/9/798af_1523_0506e2c3_ba9e70b4.jpg


今の受信料を巡る状況を、NHKを妻、視聴者を夫に例えるとこういった格好になるだろうか。

 受信料収入は近年、右肩上がり。膨張したその収入を番組制作費や職員の給与に投じ、その上で、さらに余った金を“塩漬け”にしているのだから……。

「公開されている財務諸表を見て、その金の余り具合に驚きました」

 とは、NHKの財務を分析した、金融ジャーナリストの伊藤歩さんである。

 NHKの最新、2018年度の受信料収入は、7235億円に上る。これは過去最高の値。しかも5年続けて最高値を更新中という。これはもちろん、

「8年前から、未契約世帯を裁判に訴えてまで徴収を強化した結果です。ビジネスホテルの一室一室のテレビにまで徴収するようにした。2年前には、NHKとの受信契約の義務付けを、最高裁が合憲と判断した。これで追い風が吹いた」(経済誌記者)

 全国の支払い率はここ10年で10%上がり、昨年度は過去最高の81%に上っている。

 では、こうして得た7200億円は、一体何に使われているのだろうか。

「注目されるのは、事業キャッシュフローの額です」

 と伊藤さんが続ける。

「これは1年間を通じて、手元に残るお金のこと。昨年度は1216億円に上りました。つまりNHKは、集めた7200億円を人件費や番組制作費などに使ってなお1200億円も余らせています」

 NHKはこのうちの多くを老朽化した地方局の改修や放送設備の更新などに使い、それを差し引いた約600億円を国債や地方債といった有価証券の購入に使っている。

 伊藤さんが続ける。

「この傾向は数年続いています。結果NHKの資産には、現金や有価証券が貯まっている。約1兆2千億円の総資産のうち、半分を超える約6500億円が現金や有価証券です。これらの多くの部分は放送業務に使われていない、ただ貯めているだけの金となっている。これは大変な問題だと思います」

 こんな調子だから、いわゆる「内部留保」に当たる「剰余金」も貯まる一方。その額は03年度に約500億だったものが、昨年度は約3千億と6倍にもなっているのだから驚くほかあるまい。

「上場企業なら株主が黙っていない額ですね」(同)

“まだわかんねえ”

「NHKをぶっ壊す!」。先の参院選挙でイロモノと見られていた「NHKから国民を守る党」が議席を獲得した衝撃は記憶に新しいが、こうした現状への不満が背景にあったのか。

 そもそも、NHKの受信料は特別な方式で決められている。放送ジャーナリストの小田桐誠氏によると、

「総括原価方式と言われます。まず1年間の事業運営にこれだけの経費が必要、という数字を出す。そして、それに見合うような受信料が算出されるのです」

 本来は収支均衡で運営されるのが大原則。余った分の金は、はじめから徴収する必要がないのである。

 例えば、毎年の営業キャッシュフローのうち、有価証券に換えてしまっている前出の600億円。この余り金を視聴者に還元するだけで、現時点でさえ、8%の値下げが出来るのだ。

「番組制作でもかなり潤沢な予算がついていました」

 と言うのは、元NHK職員で次世代メディア研究所の鈴木祐司所長。

 NHKの昨年度の番組制作費は約3500億円。これに対し、民放キー局5社の合計額が約4千億円だから、いかに膨大かわかろうというものだ。

2020年1月2日 5時58分  全文はソース元で
デイリー新潮
https://news.livedoor.com/article/detail/17609679/

続きを読む

1 :ニライカナイφ ★:2019/12/20(金) 21:00:54.23 ID:RgWZEXnq9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/L1C6ozi.jpg ◆ 受難続きの1年…NHK「法は犯しません」誓約書義務化へ 出演者の身体検査重要性を再認識

来年スタートのNHK大河ドラマ「麒麟がくる」は、重要な役どころを務めていた沢尻エリカ被告(33)がMDMA所持で逮捕され、撮影分が“お蔵入り”となる前代未聞の事態となった。
それまでも受難続きで、15日に最終回を迎えた前作「いだてん」では、ピエール瀧(52)がコカイン使用で逮捕、チュートリアル徳井義実(44)が所得の申告漏れで活動自粛と不祥事が相次いでいる。

この事態を重く見て、NHKは出演者たちの身体検査の重要性を再認識。
演者に“身の潔白”を証明させる誓約書へサインを義務化する方向で話を進めている。

誓約書は「現在、法律に触れるようなことはなく、今後も法律に触れるような事件を起こさない」との趣旨で、ドラマ出演時にタレント本人と所属事務所の社長が直筆署名をする形だ。
事件が起きた際には即、賠償支払いを義務付ける。現在は書面の内容を検討しており、年度内にも判断するとみられる。

背景には来年1月にNHK新会長となる前田晃伸氏(74)の存在もありそうだ。
銀行畑を歩んできた金融マンで、書面での契約を重要視する意向が強い。
木田幸紀放送総局長も定例会見で、今後について「事務所を通じて事前に確認はしているが、それでもこういうことが起きている。さらに検討を進める必要がある」と事務所のマネジメント体制に厳しい立場をとっていた。

現在「麒麟がくる」の撮影は順調。
沢尻被告の代役となった川口春奈(24)の演技も「真剣に取り組んでいて、周囲も身が引き締まる」(関係者)と高評価。

年末で出演者のスケジュール調整が難しい中、時間を有効活用して深夜の撮影も増やし、当初の予定から2週遅れとなる来年1月19日の初回放送には間に合う見込みだ。
出演者やスタッフは一丸となって作品作りに取り組んでおり、盤石な“身体調査”とともに1年という長丁場を駆け抜けていく。

https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/12/20/kiji/20191220s00041000110000c.html

続きを読む

1 :あやねると結婚したい(*´ω`*) ★:2017/05/31(水) 06:50:36.30 ID:CAP_USER

サムネイル 【お待たせしました】
本放送から38年。
連続人形劇『プリンプリン物語』の再放送、決定です!
関係者が持っていた録画ビデオテープをかき集め、不可能かと思われていた再放送にこぎつけました(涙…。

7/5(水)スタート、くわしくは↓https://www.nhk.or.jp/archives/hakkutsu/news/detail.html?id=154
https://twitter.com/NHK_PR/status/869083141130113024

続きを読む

1 :あやねると結婚したい(*´ω`*) ★:2017/05/31(水) 06:50:36.30 ID:CAP_USER

サムネイル 【お待たせしました】
本放送から38年。
連続人形劇『プリンプリン物語』の再放送、決定です!
関係者が持っていた録画ビデオテープをかき集め、不可能かと思われていた再放送にこぎつけました(涙…。

7/5(水)スタート、くわしくは↓https://www.nhk.or.jp/archives/hakkutsu/news/detail.html?id=154
https://twitter.com/NHK_PR/status/869083141130113024

続きを読む

1 :のっぺらー ★:2016/12/13(火) 22:48:59.78 ID:CAP_USER

サムネイル 2017年は日本のアニメが初めて公開されてから100周年にあたるとして、
NHKがBSプレミアムで企画「ニッポンアニメ100」を開始しました。
http://image.itmedia.co.jp/nl/articles/1612/13/l_kuro_161213anime10001.jpg

日本のアニメ作品約1万タイトルのなかから視聴者のWeb投票で「ベスト・アニメ100」「ベスト・アニソン100」を選出し、
関連番組を放送していきます。

「ニッポンアニメ100」の公式サイトによると、日本で国産アニメが初めて発表されたのは1917年(大正6年)。
下川凹天さんが「芋川椋三玄関番の巻」、北山清太郎さんが「猿蟹合戦」、寺内純一さんが「塙凹内名刀之巻」を制作し、
発表時期に大差はなく表現もそれぞれユニークだったため、3人は「日本アニメーションの創始者」とされています。

BSプレミアムでは2017年2月18日に、
一般投票をもとにしたアニメソングのベスト100曲をライブ形式で発表していく番組「カウントダウンLIVE アニソン ベスト100!」を放送。
公式サイトでは2月10日まで、好きなアニメのテーマ曲・挿入歌の投票を1日3票まで受け付けています。

また「ベスト・アニメ100」の投票受付を開始する1月8日には、「視聴者投票スタート! アニメ100人くらいに聞きました」を放送します。
アニメ好きからそれほどでもない人までおよそ100人の著名人にインタビューし、アニメ100年の歴史を名シーンとともに振り返る内容です。

1月28日はアニメのクリエーターにスポットをあてた番組「クリエーターたちのDNA 〜ニッポンアニメ100年史〜」。
インタビュー出演するのは、押井守さん(代表作:「イノセンス」など)、笹川ひろしさん(タイムボカンシリーズ)、
杉井ギサブローさん(「あらしのよるに」)、鶴巻和哉さん(エヴァンゲリオンシリーズ)、富野由悠季さん(機動戦士ガンダムシリーズ)、
長井龍雪さん(「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」)など、そうそうたる顔ぶれとなっています。

どのアニメ作品とアニソンがベスト100に選ばれるのか、大きな企画に注目したいところ。
公式サイトではアニメ特撮研究家の氷川竜介さんによるアニメ100年史の解説記事も公開されています。

NHK「ニッポンアニメ100」
http://www.nhk.or.jp/anime/anime100/

以下ソース:ねとらぼ 2016年12月13日 18時45分
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1612/13/news139.html

続きを読む

このページのトップヘ