ジョック速報

2ちゃんねるの萌えニュースをまとめているブログだよん

カテゴリ: 漫画

1 :朝一から閉店までφ ★:2018/07/19(木) 18:12:17.56 ID:CAP_USER

サムネイル 2018年7月19日 11:05
月刊サンデーGX8月号
https://cdnx.natalie.mu/media/news/comic/2018/0719/180718_gx_fixw_640_hq.jpg
大きなサイズで表示(全1件)


広江礼威「BLACK LAGOON」の単行本最新11巻が、11月に発売されることが決定した。

これは本日7月19日発売の月刊サンデーGX8月号(小学館)にて発表されたもの。「BLACK LAGOON」の単行本が発売されるのは、2014年5月に刊行された10巻以来、約4年ぶりとなる。なお11巻は通常版に加え、限定特装版も用意される予定だ。

さらに本日発売の月刊サンデーGX8月号にて、同作は連載100回を突破。全面メタリック加工の表紙には「BLACK LAGOON」のイラストが登場した。
また作中のよりすぐりのシーンの複製原画が合計100名にプレゼントされており、今号の表紙イラストを用いた複製原画の応募者全員サービスも実施されている。
そのほか今号にはレヴィのイラストがあしらわれたクリアファイルが付属したほか、「#0」のシナリオ形式のプロット「字コンテ」が掲載された。
https://natalie.mu/comic/news/291671

続きを読む

1 :しじみ ★:2018/07/13(金) 12:54:43.08 ID:CAP_USER

サムネイル 長く差別を受けてきた北海道の先住民族アイヌの文化を伝承、発信する試みが、様々な課題を抱えながらも進んでいる。
漫画や演劇では従来にない視点でアイヌ民族を描く作品が登場。衰退しつつあったアイヌ文化の現在地を探った。

週刊ヤングジャンプ(集英社)に連載中で今春アニメ化された「ゴールデンカムイ」は、
明治末期の北海道で元兵士や脱獄囚らが莫大(ばくだい)な埋蔵金を命懸けで探し求める。
第22回手塚治虫文化賞(朝日新聞社主催)でマンガ大賞を受賞した。
主人公杉元佐一と行動を共にする狩りの達人がアイヌの少女だ。

 担当編集者の大熊八甲さんによると、作者の野田サトルさんは連載が決まると
「この時代にアイヌは避けて通れない」と入念な取材を始めた。
アイヌには「かわいそうなアイヌを描くのはもういい」と言われた。

 少女は弓矢で狩りをし、仕留めた獲物で料理を作る。下品な言葉も無邪気に話すが、アイヌには好評という。
アイヌ民芸店やアイヌ料理店の客が増えるなど、漫画がきっかけでアイヌ文化に興味を持つ人が増えた。
大熊さんは「アイヌは作品の一要素。テーマではない」としつつ、「アイヌを特別視しないことが大事だ」と考える。

 仙台の劇団シェイクスピア・カンパニーは、四大悲劇の一つを幕末の北海道に移した
「アイヌ 旺征露(オセロ)」を今年上演した。原作の黒人将軍オセロはアイヌ、
部下イアゴーはアイヌと和人(アイヌ以外の日本人)が両親という設定に。
出自を隠すアイヌが成功するアイヌに嫉妬し、陥れる構造にした。「土人」といった差別語で生々しい憎悪を表現した。

 東北弁のセリフにアイヌ語を交え、アイヌの婚礼の儀式を見せるなど地方演劇とアイヌ文化を結合させている。
劇団主宰で脚本・演出を手掛けた下館和巳さんは「リアルなアイヌ像になった」。
今月14日に札幌でアイヌの人々を招いて上演する。

 従来のフィクション作品でアイヌは和人に侵略される「よその人」として描かれがちだった。
二つの作品は内面まで踏み込み、普遍的な人間性を活写した。

続きはソースで

https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20180712002553_commL.jpg
https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20180702002684_commL.jpg

朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASL6Q5F02L6QUCFI002.html

続きを読む

1 :全権大佐@スタス ★:2018/05/10(木) 18:40:20.81 ID:CAP_USER

サムネイル ジャンプ:足りないものは「子供にヒットする作品」 編集長、前編集長が語る
5/9(水) 20:05配信 MANTANWEB(まんたんウェブ)
https://mantan-web.jp/article/20180509dog00m200045000c.html
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180509-00000017-mantan-ent

「週刊少年ジャンプ」の“未来”について語り合うトークショー「ジャンプのミライ2018」に登場した中野博之編集長(左)と前編集長で第3編集部の瓶子吉久部長

1968年に創刊されたマンガ誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)の“未来”について語り合うトークショー「ジャンプのミライ2018」が9日、東京都内で行われた。
同誌の中野博之編集長は「ジャンプに今、足りないもの」が話題になると「初版100万部の大ヒット作品。『NARUTO』『BLEACH』『ONE PIECE』のように、もう一度子供にヒットする作品を作りたい。少年の誰もが知っているキャラで苦戦している」と語りつつ、
「コミックスの部数がすべてではない。世界中の人が知っているキャラクターを作ることが大事。現場はしっかり面白いマンガを作りたい。冗談ですが、キャラクターで世界征服をしたい」と話した。

中野編集長は「ジャンプは、子供向けで苦戦して、読者の年齢層が上がっている。子供たちは、YouTubeを見ていて、そこがライバルになっている。子供とマンガをつなげるアプリがあれば」とコメント。

前編集長で現在、同社第3編集部の瓶子吉久部長は、同誌の海外展開について「海外でストーリーは受け入れられなくても、キャラクターは受け入れられている。キャラクターの力は強い。キャラクターをうまく使っていきたい」と話した。

トークショーでは、マンガ投稿アプリ「少年ジャンプルーキー」、マンガ制作アプリ「ジャンプPAINT」の取り組み、新しいアプリ、ウェブサービス企画を募集する「少年ジャンプアプリ開発コンテスト」などの取り組みも紹介された。
https://storage.mantan-web.jp/images/2018/05/09/20180509dog00m200045000c/001_size10.jpg

続きを読む

1 :ひかり ★:2018/09/05(水) 00:33:20.40 ID:CAP_USER

サムネイル  漫画家・冨樫義博氏の人気漫画『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)が、22日発売の『週刊少年ジャンプ』43号から連載再開されることが5日、同誌公式サイトで発表された。
最後に掲載されたのは4月2日発売の18号で、約5ヶ月半ぶりの復活となる。また、あわせて、コミックス36巻が10月4日に発売予定と告知された。

 1998年に連載を開始した同作は、主人公の少年ゴンが、親友キルアら仲間たちと旅に出る冒険ファンタジー。現在、未開の大陸への渡航を目指す船の中で、
クラピカや幻影旅団のメンバーなど各キャラクターたちの思惑がぶつかり合う「暗黒大陸編」が描かれている。

 これまで数回休載しており、最近では17年9月より休載し、4ヶ月後18年1月に連載を再開するも、その後4月から再び休載。最後に掲載された同誌18号の第380話で
『次号よりしばらくの間休載いたします。再開が決まり次第、本誌でお知らせします』と発表され、目次ページでも、富樫氏は「また休載ですみません。なるべく早いタイミングで
戻って来れるよう頑張ります」とコメントを残していた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180904-00000362-oric-ent

続きを読む

1 :ひかり ★:2018/09/13(木) 00:09:44.92 ID:CAP_USER

サムネイル  実写映画化、テレビアニメ化もされた人気マンガ「テラフォーマーズ」が、13日発売の連載誌「週刊ヤングジャンプ」(集英社)41号から
休載されることが明らかになった。同号によると、原作者の貴家悠さんの体調不良のため休載され、11月15日発売の同誌50号で連載を再開する予定。

 41号で「貴家先生本人は回復し次第やる気十分ではありますが、大事をとり、少しの間、休載期間をもらいまして、
ヤングジャンプ50号(11月15日発売予定)からの再開とさせていただきます」と発表された。同19日発売のコミックス第22巻は予定通り
発売される。

 「テラフォーマーズ」は、貴家さんが原作、橘賢一さんが作画をそれぞれ手がけるSFアクションマンガ。驚異的な進化を遂げたゴキブリと
昆虫の能力を持った人間が戦う姿が描かれている。2011年1月に「週刊ヤングジャンプ」の増刊誌「ミラクルジャンプ」(同)で連載が始まり、
12年4月に「週刊ヤングジャンプ」に移籍した。貴家さんの病気療養のため、17年3月〜18年4月にも休載していた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180912-00000024-mantan-ent

続きを読む

1 :ひかり ★:2018/09/15(土) 00:07:36.22 ID:CAP_USER

サムネイル  漫画家・浦沢直樹氏が、『20世紀少年』完結以来11年ぶりに『週刊ビッグコミックスピリッツ』(小学館)にて新連載を始動することが14日、
明らかになった。連載第1話の掲載は45号(10月6日発売)。予告として「あのコはいつも走ってる」のコピーとともに主人公の後ろ姿の
ラフデッサンが公開された。

 浦沢氏は1986年より、国民的ヒロインとなった猪熊柔の活躍を描いた柔道漫画『YAWARA!』を、1993年より、女子テニス選手の現在の躍進を
予見したような作品『Happy!』を連載。その後 1999年より『20世紀少年』を連載し、累計2800万部を突破、実写映画も大ヒットを果たした。

 さらに、今までデジタル版を配信していなかった浦沢作品だが、雑誌電子版の解禁がついに決定。紙と電子、どちらの「スピリッツ」でも、
同作を読むことができる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180914-00000341-oric-ent
https://pbs.twimg.com/media/DnEDLukV4AEPlWu.jpg

続きを読む

1 :サイカイへのショートカット ★:2018/06/20(水) 04:14:26.09 ID:CAP_USER

サムネイル 「うる星やつら」ラムちゃん表現した鍋を赤からで提供、コラボTシャツなども当たる
2018年6月19日 21:05 コミックナタリー
https://natalie.mu/comic/news/287370

「うる星やつら」×赤からの告知ビジュアル。
https://cdnx.natalie.mu/media/news/comic/2018/0619/urusei_1_fixw_730_hq.jpg

「激辛15周年赤から鍋 〜ダーリン食べるっちゃ▽(▽はハートマーク)ラムが作る火をふく激辛唐辛子鍋〜」
https://cdnx.natalie.mu/media/news/comic/2018/0619/urusei_2_fixw_640_hq.jpg

オリジナルグッズの土鍋。
https://cdnx.natalie.mu/media/news/comic/2018/0619/urusei_17_fixw_640_hq.jpg

オリジナルグッズのTシャツ。
https://cdnx.natalie.mu/media/news/comic/2018/0619/urusei_5_fixw_640_hq.jpg

オリジナルグッズの皿。

高橋留美子「うる星やつら」を題材にしたキャンペーンが、赤からの直営店舗および一部除くフランチャイズ店にて7月20日から8月19日まで開催される。

このコラボは赤からが今年で15周年、「うる星やつら」が40周年という、互いが記念すべき年を迎えることから実現したもの。
店舗では「激辛15周年赤から鍋 〜ダーリン食べるっちゃ▽(▽はハートマーク)ラムが作る火をふく激辛唐辛子鍋〜」「ビリビリ山椒赤から鍋 〜ダーリン浮気は許さないっちゃ!放電ビリビリ花山椒鍋〜」といった、作品にちなんだメニューが提供される。

またキャンペーンの開始に併せ、「うる星やつら」の原画やコラボビジュアルを用いたTシャツ、土鍋、皿を販売。オンラインショップのほか、各店舗でもTシャツが限定20枚で取り扱われる。
なおInstagramでは、ハッシュタグを使ったグッズのプレゼント企画も実施。希望者は「#赤から15周年」「#うる星やつら」を付けて、限定メニューの写真を投稿しよう。
https://cdnx.natalie.mu/media/news/comic/2018/0619/urusei_10_fixw_640_hq.jpg

続きを読む

1 :サイカイへのショートカット ★:2018/05/08(火) 02:05:55.14 ID:CAP_USER

サムネイル 「ポプテピピック」に影響?伝説のギャグ漫画 「マカロニほうれん荘」初の生原画展
2018/5/7 19:29 J-CASTトレンド
https://www.j-cast.com/trend/2018/05/07327881.html

「マカロニほうれん荘」1巻
https://cdnx.natalie.mu/media/news/comic/2018/0426/img_155150_8_fixw_640_hq.jpg

中野ブロードウェイ地図
https://cdnx.natalie.mu/media/news/comic/2018/0426/img_155150_4_fixw_640_hq.jpg

中野ブロードウェイ内、Animanga Zingaro所在地
https://cdnx.natalie.mu/media/news/comic/2018/0426/img_155150_5_fixw_640_hq.jpg

ラバーキーホルダー
https://cdnx.natalie.mu/media/news/comic/2018/0426/img_155150_6_fixw_640_hq.jpg

キャンバスアート
https://cdnx.natalie.mu/media/news/comic/2018/0426/img_155150_7_fixw_640_hq.jpg

コミックスの出版を手掛ける秋田書店(東京都千代田区)は、1970年代に「週刊少年チャンピオン」で掲載されていたギャグマンガ「マカロニほうれん荘」の生原画展示会「マカロニほうれん荘展 - MACARONI IS ROCK ! - 」を2018年5月19日から6月3日まで、東京・中野の商店街「中野ブロードウェイ」で開催する。

■サブカル取り入れたパロディーのてんこ盛り

「マカロニほうれん荘」は、1977年から79年に「週刊少年チャンピオン」で掲載された鴨川つばめさん原作のギャグ漫画だ。
主人公の高校生・沖田総司(おきたそうじ)、40歳の落第生の金藤日陽(きんどうにちよう)、宇宙人の父親と、ミミズの母親との間に生まれた膝方歳三(ひざかたとしぞう)が、ピーマン学園と下宿先である「ほうれん荘」を舞台に様々な騒動を起こす。
連載当時の流行歌やCM、特撮、アニメなどのサブカルチャーを盛り込んだパロディー要素たっぷりのギャグが人気を呼んだ。

これらのパロディー要素が、2018年1月から3月までテレビアニメが放送された人気漫画「ポプテピピック」と類似していると話題を呼び、再注目された。

展示会では、鴨川さんの原画100枚が展示され、単行本の表紙にも取り上げられた英ロックバンド「クイーン」の楽曲など、鴨川さん選曲のロックミュージックと共に楽しむことができる。

グッズ販売も行われ、沖田総司、金藤日陽、膝方歳三のラバーストラップ(650円、税別)や絵画用キャンパス生地にイラストが印刷された3種類のキャンバスアート(3000円、同)が販売される。

会場は、中野ブロードウェイ2階の「Animanga Zingaro(アニマンガ ジンガロ)」で、オープン時間は全日12時から19時まで。入場料は無料。

──────────────────

伝説のギャグ漫画「マカロニほうれん荘展」初開催!
2018.04.26 10:00 株式会社秋田書店 @Press:アットプレス
https://www.atpress.ne.jp/news/155150

続きを読む

1 :朝一から閉店までφ ★:2018/06/27(水) 19:06:18.40 ID:CAP_USER

サムネイル 記事提供:にゅーあきばどっとこむ
ゆうきまさみさんの漫画「究極超人あ〜る」第10巻が8月9日に発売される。

1987年の第9巻以来、31年ぶりの新刊だ。雑誌掲載時のカラーが完全再現される。

第10巻の発売に合わせて「究極超人あ〜る完全版BOX」第1巻が7月12日、第2巻が8月9日に発売される。

BOX第1巻には完全版第1〜5巻、BOX第2巻には完全版第6〜9巻と最新刊の第10巻を収録。カバーイラストは全巻描き下ろしで、雑誌掲載時のカラーページが再現される。

BOX第1巻には特製あ〜る扇子、あ〜るとさんごのラバーストラップ2種類が同梱。第2巻にはファンブック、あ〜ると鳥坂先輩のラバーストラップ2種が同梱される。

2018年06月27日 18:56
http://www.ota-suke.jp/news/220788

続きを読む

1 :サイカイへのショートカット ★:2018/07/05(木) 00:05:57.97 ID:CAP_USER

サムネイル 東京喰種:re:前章含め7年の連載に幕 テレビアニメ、実写映画も人気に
7/5(木) 0:00配信 MANTANWEB(まんたんウェブ)
https://mantan-web.jp/article/20180704dog00m200043000c.html
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180704-00000025-mantan-ent

「週刊ヤングジャンプ」31号で最終回を迎えた「東京喰種トーキョーグール:re」(画像はコミックス第15巻)

テレビアニメも人気の石田スイさんの人気マンガ「東京喰種トーキョーグール:re」が、5日発売の連載誌「週刊ヤングジャンプ」(集英社)31号で最終回を迎え、前章「東京喰種トーキョーグール」を含め、約7年の連載の幕を下ろした。

「東京喰種トーキョーグール」は、人肉を食らう怪人・喰種をテーマにした人気マンガで、2011〜14年に同誌で連載され、14年に新章「東京喰種トーキョーグール:re」の連載がスタート。全世界のシリーズ累計発行部数は3500万部を突破している。コミックス最終16巻が19日に発売される。

テレビアニメ第1期が14年、第2期が15年に放送。テレビアニメ「東京喰種トーキョーグール:re」が今年4〜6月に放送された。俳優の窪田正孝さん主演の実写映画が公開されたことも話題になった。
https://storage.mantan-web.jp/images/2018/07/04/20180704dog00m200043000c/001_size6.jpg

続きを読む

1 :サイカイへのショートカット ★:2018/07/09(月) 12:02:09.43 ID:CAP_USER

サムネイル ジャンプ50周年号は記念企画盛りだくさん、表紙には連載作家が描く好きなキャラ
2018年7月9日 5:00 コミックナタリー
https://natalie.mu/comic/news/290281

週刊少年ジャンプ33号
https://cdnx.natalie.mu/media/news/comic/2018/0708/jump_1833_fixw_640_hq.jpg

尾田栄一郎が描いたルフィと悟空のイラスト。
https://cdnx.natalie.mu/media/news/comic/2018/0708/jump01_fixw_640_hq.jpg

尾田栄一郎の描き下ろし色紙。
https://cdnx.natalie.mu/media/news/comic/2018/0708/jump03_fixw_640_hq.jpg

鳥山明の描き下ろし色紙。
https://cdnx.natalie.mu/media/news/comic/2018/0708/jump04_fixw_640_hq.jpg

荒木飛呂彦の描き下ろし色紙。
https://cdnx.natalie.mu/media/news/comic/2018/0708/jump05_fixw_640_hq.jpg

桂正和の描き下ろし色紙。
https://cdnx.natalie.mu/media/news/comic/2018/0708/jump06_fixw_640_hq.jpg

週刊少年ジャンプ32号

7月14日発売の週刊少年ジャンプ33号(集英社)では、同誌の創刊50周年記念企画が多数展開される。

同号の表紙には連載作家が、自作のキャラクターと歴代ジャンプ作品で好きなキャラクターを並べて描いたイラストを使用。
尾田栄一郎は「DRAGON BALL」の悟空、堀越耕平は「NARUTO-ナルト-」のうずまきナルトを描いている。

このほか久保帯人の読み切り「BURN THE WITCH」や、2017年9月以来となる秋本治「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の新作を掲載。
また鳥山明と井上雄彦の対談も収録されるほか、創刊当初から現在連載中の作家まで、総勢110作家が描き下ろした101枚の直筆サイン色紙も公開する。
さらに連載陣がオリジナルで作った「ジャンプ海賊マーク」を作中から見つけると歴代作家の直筆サイン色紙やクリアファイルが当たるプレゼント企画「漫画に隠された海賊マークを探せ!!」も実施。
巻末には歴代連載作家97名が寄せる「歴代漫画家特別コメント集」が掲載され、表紙の歴史を振り返る小冊子「歴代ジャンプ表紙ギャラリー」も付属する。
https://cdnx.natalie.mu/media/news/comic/2018/0708/jump_1832_fixw_640_hq.jpg

続きを読む

1 :ひかり ★:2018/09/06(木) 03:39:02.42 ID:CAP_USER

サムネイル  バスケットボール漫画『DEAR BOYS』(ディアボーイズ)の作者・八神ひろき氏の最新作『DEAR BOYS ACT4』が、10月6日発売の『月刊少年マガジン』(講談社)11月号より
連載されることが、きょう6日発売の同誌10月号で発表された。2017年1月に連載が完結した前作『DEAR BOYS OVER TIME』から約2年ぶりで、八神氏は「どうしても描きたくて堪らなくなってしまいました!」
と、湘南大相模高校を舞台に描くことを明かした。

 1989年6月より同誌で連載がスタートした『DEAR BOYS』は、過去に起きた暴力事件で部員が去って4人となり、休部状態の瑞穂高校男子バスケットボール部が舞台。
強豪・天童寺高校バスケットボール部の元キャプテンで主人公・哀川和彦の転入、突然の入部により、部員たちの心にあった「全国制覇」の夢を目指していく物語。

 哀川が主人公の続編として、第2部の『DEAR BOYS ACT II』(97〜08)、第3部の『DEAR BOYS ACT 3』(08〜15)、本編で描かれなかった他校の
エピソードなどを描いた特別編『DEAR BOYS OVER TIME』(16〜17)が掲載。連載27年間でコミックスの累計発行部数は4500万部を突破しており、バスケ漫画の金字塔と呼ばれる作品で、03年にはアニメ化もされた。

 新連載の『DEAR BOYS ACT4』は、哀川率いる瑞穂高校のインターハイ優勝から約1年、瑞穂のライバルにして名門・湘南大相模高校が舞台。全国制覇に燃えるエース・布施と新主人公となる1年生たちの、
新たなドラマが描かれる。

 八神氏は「まさか…本当にまさか『DEAR BOYS ACT4』を描かせていただける時が来るなんて、本気で夢にも思っておりませんでした。実は…私の中で『ACT3』までの哀川くんたちの話を描き切った後に…
どうしても、あるチームの行く末が気にかかってしょうがありませんでした。それは『OVER TIME』を描いて益々膨れ上がってしまいました…。そうなんです、布施歩率いる湘南大相模の事でした」と、舞台の経緯を説明。

さらに「当たり前の事ですが、高校には毎年必ず新入生が入ってきます。当然湘南大相模にも新入部員が加入する筈です。そしたら必ずまた新しい出会いが待っています。その新しい出会いによって布施くんたちが
どんな風に変わっていくのか、どうしても描きたくて堪らなくなってしまいました!」と明かし「そして、主人公チームに湘南大相模をもって来るということは、当然、瑞穂は敵になるということなんです。『ACT3』最終回に謎の転入生が加入した、高階トウヤ率いる瑞穂はライバルに回ることになるんです…。自分で言うのも恥ずかしいのですが、このなんとも言えない感覚を今から描くのが楽しみでしょうがない感じです!」と
意気込み。

 「『ACT4』がどんな雰囲気の『DEAR BOYS』になるか私の中でもまだわかりません…。ですが、また大きな夢を持ち続ける純粋な親愛なる少年たちを描けるように頑張ってみたいと思っております…。
どうか湘南大相模の男の子たちをよろしくお願い致します」と伝えた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180905-00000334-oric-ent

続きを読む

このページのトップヘ